令和3年度『新入社員研修』参加者募集のご案内

>> MISA研修・セミナー等一覧ページへ戻る

【人財委員会-育成G】

令和3年度MISA新入社員研修 受講者募集のご案内

2021 MISA新入社員研修募集案内

この度、協会主催「令和3年度 新入社員研修」を下記の要領により実施致します。
システムエンジニアに必携の基盤技術の基礎を習得し、業務アプリケーション開発演習を通じて新入社員の開発実装力の養成と技術思考スキルの向上を図るとともに、社会人として必要な基本動作、各種ビジネススキルやコミュニケーション力等の習得を通じ、新入社員の総合的な実務基礎力の養成と社会人意識の定着を図ります。
令和3年度は、昨年度改訂のカリキュラムをよりブラッシュアップしております。また、新型コロナウイルス感染症対策として、「②システム開発技術者育成」を完全オンライン形式での実施といたします。
新卒者に限らず、第二新卒・中途採用の方もご参加いただけます。是非、この機会にご活用ください。

◆研修概要

●日程:

令和3年4月5日(月)~6月24日(木) 計55日間 9:30~17:30
※例年と開始日が異なりますので、ご注意ください。
※コース単位の一部参加をご希望の場合は、ご相談ください。

●対象

令和3年度採用の新入社員
・新卒者に限らず、第二新卒・中途採用の方もご参加いただけます。
・MISA会員/非会員、出身学部、プログラミング経験等は問いません。

●受講料

MISA会員企業(正会員・賛助会員・特別会員);605,000円
会員外企業;726,000円
※いずれも、消費税・資料代を含みます。
※コース単位の一部参加をご希望の場合は、ご相談ください。

●定員:

50名

●実施方式

①ビジネス基盤養成
集合形式。新型コロナ感染症対策を実施します。
②システム開発技術者育成
完全オンライン形式。ZOOM(カメラ必須)とSlack、GoogleDrive等の使用を予定しています。受講にあたっては、ネット回線やPCを各社でご準備いただきます。機器要件等は募集案内の別紙3を参照してください。
③業務システム開発プロジェクト演習
集合形式を基本とし、希望者はZOOMでの参加も可能です。

●集合研修会場(予定):

仙台市中小企業活性化センター 仙台市青葉区中央1-3-1 AER6階
アクセス: http://www.siip.city.sendai.jp/sckc/

●申込方法および募集期間:

募集案内に添付している専用申込書を、メールまたはFAXにてMISA事務局までご提出ください。

令和2年12月15日(火)10時 ~ 令和3年1月20日(水)17時
※上記期間外でのお申し込みは受付できかねます。
※全日程受講者を優先して受付し、定員に達した場合は早期に締め切ります。
※定員に空きがある際に2次募集を行うことがあります。

●お問合せ/申込書送付先:

MISA事務局
(TEL 022-217-3023 FAX 022-217-3055 Email misa(アット)misa.or.jp)

※内容詳細は下記リンクから募集案内(PDF)にてご覧ください。

2021 MISA新入社員研修募集案内

 

◆【 重要 】注意事項

(1)申し込みコースについて

全55日間の受講を原則としますが、下記コース区分単位での一部参加をご希望の場合は、別途ご相談ください。

①ビジネス基盤養成 4月5日(月)~4月14日(水) 8日間
MISA会員:88,000円、非会員:105,600円

目的:
社会人としての基本動作を習得すると共に、MISA訓練ならではの特色であるビジネスの実践の場で要求される各種ビジネススキルやコミュニケーション力等の実務基礎スキルを育成します。

②システム開発技術者育成 4月15日(木)~6月3日(木) 32日間
MISA会員:352,000円、非会員:422,400円

目的:
アプリケーション開発に不可欠な情報処理の基礎技術と開発実装力を養います。Javaによるプログラミング力の育成とデータベース構成やSQL、サーバサイド技術の基礎を理解するとともに、MVCモデルを用いたた業務アプリケーションの開発演習を通じ、開発現場における実務的な留意点や品質意識、納期意識なども同時に学びながら、実装・テストのスキルについて理解を深めます。開発演習は個人単位で行い、参加者個々が着実に開発実装力を高めることを狙いとします。

③業務システム開発プロジェクト演習 6月4日(金)~6月24日(木) 15日間
MISA会員:165,000円、非会員:198,000円

目的:
オブジェクト指向を用いたシステム開発の設計・実装力を養成します。全コースまでに習得したJava、SQL、サーバサイド技術、MVCモデルの概念等の要素技術の定着を中心としながら、PBL(Project Based Learning)によるJava系Webシステム開発模擬演習を通して、システムの設計から実装、テストまで一連の開発工程に対する理解を深めます。開発演習では、IT企業の要望の高いコミュニケーション力やチームワーク、主体性、計画力、実行力、要求の分析やユーザ視点など、開発現場で要求される人間力も同時に養うことができます。

(2)申込受付開始日について

令和2年12月15日(火)10時より受付を開始いたします。それ以前の受付はできません。

(3)「システム開発技術者育成」オンライン開催について

受講にあたっては、ZOOM・Slackのほか、以下の要件を満たすPCおよび通信環境をご準備くださいますようお願いいたします。

  • Windows10(64bit)、RAM4GB以上、ストレージ100GB以上。管理者権限。環境変数の設定変更、.batファイルを実行できること
  • ZOOMがスムーズに使用できる、安定したインターネット回線。
  • 以下のツールを使用できるよう、社内調整等お願いします。
    ①事前に準備いただくもの:
    ZOOM(チャット除く。カメラ必須)、Slack、Officeソフト、GoogleDrive、GoogleForm、7zip、Terapad
    ②講師の指示でインストール・設定するもの:
    JDK、Eclipse、MySQL、Tomcat
    (パソコン環境をできる限り汚さぬようサーバ等はインストーラを使用しない予定ですが、演習に使用するパソコンには管理者ユーザでログインします)
  • 各サービス、ツール等のアカウントは、無料のものでかまいません。
  • 序盤~中盤はバッチファイル・コマンドプロンプトを使用します。
  • GoogleWorkspace(G Suite)をご契約中の企業様は、MISAが用意するGoogleDriveにファイルをアップロードできるようご調整をお願いします

詳細は募集案内の別紙3「オンライン開催にあたっての注意点・お願い」に記載しておりますので、必ずご一読ください

★募集案内(内容詳細とお申込)はこちら↓↓
2021 MISA新入社員研修募集案内